光回線ならフレッツ光がベスト

以前フレッツ光3年ほど利用してました。プロバイダや速度プランによって回線速度けっこう差が出ますね。当初はbiglobeで100Mプランで加入しており日中は20~30Mbps程。20時を過ぎると2M位しかでませんでした。

価格コム経由で申し込みだったため当時のキャンペーンでキャッシュバック4万円ゲットまで半年かかること、2年以内に解約すると結構な額の違約金がかかる、なので契約は続けプロバイダだけ追加申し込みしてみました。

追加契約したプロバイダはbb.exite。ここは月額500円なんで料金だけでいえばダントツで安いです。速度も日中は問題なく夜間もbiglobeよりは出ます。といっても5M位でしたが。光でもauひかりはプロバイダのみ乗り換えできないんでやっぱフレッツ光のほうがお勧めです。

auひかりだとスマートバリューが魅力ですけど….au携帯複数あればフレッツより安くなると思うけど速度が出なかった場合簡単にプロバイダだけ乗り換えできない、解約新規だと工事費や違約金出る、新規申し込みから開通までまた1~2ヶ月かかるのはやっぱイタイです。なんかトラブった場合もauのサポート良くないって聞きますね。友人もトラブったって言ってました。

2年縛りが終わったで早速契約更新月にBiglobe解約し、そのままbbexiteでフレッツ光続けてました。今は出先での利用頻度が増えたためフレッツ光は解約してwimax2+使ってますが、やっぱ固定回線のほうが安定してるんでまたフレッツ光に戻そうかなとも検討中。

安いけどエリアが限られるauひかり

フレッツ光以外の選択肢としてauひかりがありますが、残念ながらあまり知られていません…理由は単純にauひかりが使えるエリアがフレッツ光より断トツに狭いからです。

最初に悪いところを書いてしまいましたが、auひかりにはフレッツ光よりも良いところが沢山あります。1つは料金の安さです。平均してフレッツ光より月1000円ほど安くなります。さらにフレッツ光では非対応なことが多いauスマホとのセット割にも対応しているので、かなりお得と言えます。

次にエリアは限られていますが、その分使用している回線に余裕があるので、よほどマイナーなプロバイダを選ばない限りは通信速度もフレッツ光より速いことが多いです。

エリア以外にauひかりに弱点はないの?と思われた方、するどいですねぇ。実はエリア以外に特典の内容があまり豪華ではありません。光回線というと新規加入で○万円キャッシュバック!!というのが大体ですが、auひかりはキャッシュバックはあっても2万円ほどです。

じゃあフレッツ光の方が良いじゃんと思われるかもしれませんが、どちらも2年契約なので、毎月の料金が1000円安ければ2年トータルで24000円も差が生まれます。トータルのコストではauひかりの方が安くなります。

auひかりでプロバイダを選ぶときのポイントはメジャーどころを選べばまず間違いないです。あとはプロバイダよりも代理店によって特典の内容が変わってくるので、プロバイダよりどの代理店を選ぶかの方が大切です。

代理店ごとにauひかりを比較しているところがあるので、良ければ参考にしてください。

参考:auひかりキャンペーン代理店比較

私がau光を選んだ理由

先月、CMでも話題のau光を新しく申込みしました。
それまではポケットWiFiのワイマックス、それ以前はE-モバイルを利用していました。

先月au光に変えたのには理由があります。

ますはポケットWiFiでは通信速度に限界があり、ヘビーユーザーでなければ十分かと思いますが、私は仕事がらPCを頻繁に使うのと仕事中にYoutubeで音楽を良く聞いているためポケットWiFiの通信料制限にすぐに引っかかってしまい大きく速度が下がってしまいました。

それに引き換えやはり光回線の場合、頻繁に使っていても速度が安定して使えます。また家族のスマートフォンとノートPCもWiFiでつないでいるにも拘われず早いので今後も継続して利用しようと決めています。

第二の理由としては料金です。
ポケットWiFiは返金して4000ほどと安い料金が魅力です。光回線は平均6000円(ホームタイプ料金)は最低かかることが多いため一見上がるかと思いますが、au光では携帯もauを使用している場合、スマートフォンの台数一台当たり1480円下がります。

我が家の場合、妻と自身の携帯がauのため総合的に判断すると光回線にした場合メリットが多いと判断し、切り替えました。

デメリットをあえて挙げるとポケットWifiはその名の通り自宅の外でもネット環境が使えます。
光回線にすることで持ち運びはできなくなるため自宅の外でノートPCを使いたい場合は何か別の方法を考える必要があります。

最後に切り替える際にポケットWiFiの違約金がネックとなっておりましたが、当時プロバイダーのBigLobeを選ぶことで2万円のキャッシュバックを受け取ることが出来たためこの問題も解決することが出来ました。

ソネットのサービスが充実していると思いました。

光回線にかかる費用はどこのプロバイダーを選ぶかによって全然違ってきます。中にはどこのプロバイダーにしても同じだと決めつけてしまっている人がいますが、絶対に損をしています。

キャッシュバックやキャンペーンの値段が全然異なってくるからです。同じようなサービスであるにも関わらず、無駄に費用をたくさん支払わなければならないことを許せる人などいるはずがありません。

私もどこのプロバイダーを選ぶか検討していた時には、本当に迷いました。ヤマダ電機などの大きな家電量販店では、たくさんのプロバイダーが受付をしています。そういった所で契約を結んだ方がお得なのだと最初は思いましたが、色々と調べているうちに、様々なオプションをつけられてしまって損をするということを知りました。そのためインターネット上で契約をどこかと結ぼうと思いました。

それからも何度も色々なプロバイダーを検討した上で、結局選んだのはソネットです。フレッツ光という一番信頼できる光回線を使用できる上に、高額のキャッシュバックを受け取ることができる一石二鳥のサービスであったからです。

やはり光回線について検討する時には、じっくりと値段などを比較することが大切だということを実感しました。かなりの時間と労力を費やしてしまいましたが、それでも後悔は全くありません。

ソネットは、郵送されてくる書類やインターネット上のマイペースも本当にわかりやすい説明がされています。回線速度にも問題はありません。そのため今の所は、非常に満足しています。

フレッツ光の主たる2つのメリット

光回線の中では、フレッツ光が一番代表的です。その回線には色々なメリットがありますが、その1つはオプションの数です。

例えばテレビに関するサービスがあります。その回線を契約しますと、独自のテレビのサービスを利用する事ができるのです。他では見れない番組を閲覧できるメリットは、とても大きいとの意見も多く見られます。

またフレッツ光には、電話に関するサービスもあるのです。一般の電話に比べると料金は格安になっています。特に海外に対する電話料金は、かなり低くなる事が多いです。

その他にも、WiFiに関する特長もあります。自宅内のスマホがとても快適になる事が多く、携帯を利用する頻度が多ければ、メリットが大きな回線です。

このようにフレッツ光は、付随するサービスが色々と充実しているのが特徴的です。他の光回線ではなかなか見られないサービスもあるので、使い勝手が良いとの意見も見られます。

またフレッツ光には、対応している地域に関するメリットが有るのです。光回線によっては、特定の地域のみでないとカバーしていない事があります。関東圏でないと利用が難しい光回線もありますが、フレッツ光はそのような事はありません。ほぼ日本全国をカバーしているので、引越しなどでも簡単に対応する事ができます。ですのでいずれ引越しを検討しているならば、フレッツ光のメリットは大きいとも言えます。

このように付随サービスが充実しているのと、対応地域の幅広さという2点が、フレッツ光の主なメリットです。

光回線の良さ、快適なネットをするには

まず光回線とは光ファイバーケーブルを使ったブロードバンド回線のことで通常の電気を通すのではく光を通して情報を伝えるものです。

今までのADSLと呼ばれていたものと比べ遠距離であればあるほど通信速度が遅くなっていたのが光回線ではそれが解消され距離にかかわらず安定した速度を保つことができるようになりました。

また以前はノイズなど出てましたが光では電気の影響はないのでノイズなどがなく安定した通信ができます。

ただその分料金が高いというネックがありましたが最近はだいぶ料金が落ち着いてきました。
ただ今ではたくさんの業者が光回線を提供しているため、どの業者と契約したらいいのかが迷うところです

契約する際に料金の違いとなってくるのがほとんどの業者がNTTの光回線を借りているのでその光回線使用料に通信速度の違いやオプション、プロバイダで変わってきます。独自の回線を持つ業者もありますがそれはわずかであると思われます。

よく目にするフレッツ光、ソフトバンク光、OCN光など色々ありますがその名称はいわゆるプロバイダ名となります。なのでどのプロバイダを選んだとしてもほとんど料金がかわりません。安さをうたってるところは大抵通信速度をさげていたりオプションで調整しているところが多いです
基本料金に色々オプションをつけたら他と変わらない、むしろ高くなったとよく聞きます。

なので勧められたとかキャンペーンでお得になるとかで安易に決めず、1度光回線料にプロバイダ料、オプション料をプラスした金額を出してもらい全部でいくらになるかを出してもらってから冷静に考えて契約したほうがいいと思います。逆に言えば全ての金額をだしてくれないところはあぶないと考えるべきです。

何もなかったら大抵はすべての金額を出してくれますから。これらを踏まえてもらえれば快適なネットができると思います。